地名・国名

アルゼンチン


南米大陸でブラジルに次いで2番目に面積が大きい国。
1980年代後半に深刻な経済危機を経験、2000年代も再び深刻な状況となった。
日本とは100年来の友好関係を保っている

英語表記:ARGENTINA
人口:3,600万人(1999年) 4,109万人(2012年)
北をブラジル、西をチリと接する。
国旗:水色と白 中央に太陽のイラストロゴ
宗教:カトリック(90%以上)
公用語:スペイン語
通貨:ペソ
首都:ブエノスアイレス

パンパと呼ばれる大平原で穀物が豊かに獲れる。

フットボールが盛ん。国内に200のリーグ、3,000のクラブ、40万人の登録選手がいる。
至る所にポトレーロというフットボールができる空き地がある。
2006年W杯ベスト8。

【 アルゼンチンの歴史 】

1816年
スペインから独立。
1898年
日本アルゼンチン修好通商航海条約締結。
1945年
3月、第2次大戦は中立を守っていたが、日独伊に対して宣戦布告。日本はこれをアメリカの圧力と見なした。
1982年
4月、英国領フォークランド諸島を武力制圧。翌年には英国領に戻った。
1985年
アウストラル・プラン発表 すべての価格を凍結。
2001年
当時世界史上最高額となる公的債務のデフォルト(債務不履行)宣言。預金凍結
2014年
2014サッカーW杯直前の親善試合で、代表選手たちが「フォークランド諸島は我々の領土だ」という横断幕を掲げた。
リオネル・メッシ

お勧めの書籍
「アルゼンチンを知るための54章」アルベルト松本 明石書店 2005年9月 2000円
歴史、政治、スポーツまで硬派で詳しく、説明がわかりやすい。


世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2005年10月 最終更新 2014/6/22