世界の平和実現

長崎の原爆


アメリカが日本に落とした2発めの原子爆弾
1945年8月9日投下

【長崎の原爆 時系列の記録】

1945年8月2日
原爆投下実行命令 第一目標広島、第二目標小倉、第三目標長崎
8月6日
広島に原爆投下
8月9日
米国の作戦進行が遅れる。小倉は快晴だったが煙幕が焚かれていて、投下の前提条件である有視界が確保できず長崎に変更。長崎も曇っていて有視界確保できていなかったが、原爆をテニアン基地に持ち帰ることは基地が危険。海に捨てるよりはどこかに落とそうという判断で10時58分、プルトニウム爆弾「ファットマン」投下。11時2分着弾。
参考文献「精霊流し」さだまさし 幻冬舎 2001年9月10日刊
2005年
被爆者の平均年齢は73歳になった。
2007年7月
長崎出身の久間防衛大臣が「あの原爆で区切りがついた。しかたがないことだった」という趣旨の発言を咎められ自ら辞任。
長崎県の議員だからこそ言える本音として気持ちは分かるが、参議院選挙前にそれを言う気が知れなかった。発言が原因となり長崎選挙区(定数一人)では自らが担いだ候補者が敗れ、自民党が参議院選挙で大敗する一因となった。
2009年10月11日
長崎市は広島市と共催で、2020年夏季五輪に立候補することを発表した。後に共催は認められないとしてJOCに却下されて取り下げた。
2010年
8月5日、国連事務総長が長崎を初訪問。長崎原爆資料館を視察し、原爆落下中心地碑で献花した。
8月9日、原爆投下から65年 平和式典にIAEA代表が初めて参列。米国は今年も参列しなかった。原爆による死亡者名簿の記載者152,276人となった。
2015年
原爆投下から70年 
8月9日は「長崎平和の日」として長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が行われる。

「長崎よみがえる原爆写真」NHK取材班 NHK出版 1995年8月30日初刷 に被災当時の写真が掲載されている。世界で唯一被爆した国に生まれたことを実感する。


2010年8月撮影

*参考文献「原爆投下は予告されていた」古川 愛哲 講談社 2011年7月

関連記事
長崎原爆資料館広島の原爆原爆の歴史 Tweet

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新