減価償却

最終更新 2005/5/14
有形固定資産の価値の減少を、その耐用年数の間、決算期ごとに損金として処理すること

10万円未満のものは「消耗品」(固定資産ではない)
10万円以上のものは「備品」(固定資産

消耗品、リース契約している備品は減価償却の対象にならない。

減価償却費=その資産の価値減少相応の金額

定額法
固定資産の耐用年数の間、毎期同一額を償却していく。
定率法
固定資産の未償却残高に毎期一定率を掛けた額を償却する。

減価償却という制度があることによって
「期末が近づいて多額の利益が出そうだから、巨額の備品を買って経費で落として、利益を圧縮して節税しよう」
ということができない。

リース

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

初出2005年5月Copyrightしらべる 今日の更新