ナノテクノロジー

最終更新 2004/4/12
ごく小さいモノを正確に作る技術。ナノメートルの世界でのものづくりの技術。略してナノテク。

ナノは10億分の1という意味。
10のマイナス9乗に当たる。
1ナノメートル=10億分の1メートルでちょうど分子の大きさに相当する。
ナノテクを専門的に言うならば「原子・分子のサイズでモノを加工し、組み立て、1つの機能を持つユニットを形成する技術」。

バイオ、IT、半導体、環境エネルギーなど幅広く応用が利く基礎技術。2000年1月21日、当時のクリントン大統領は「ナノテクの分野で世界のリーダーシップをとりたい」と宣言した。日本はナノテクでリーダー的存在となる可能性をもっとも持っている国である。

抗ガン剤は投与すればするほどガン細胞を退治するが、同時に正常な細胞にも障害を与えてしまう。ナノテクノロジーによりガン細胞だけを選択して攻撃できる抗ガン剤が開発されることが待望されている。

医療技術への応用

*参考とした講演
「日本の産業科学技術に国家戦略はあるか」田中一宜


MB
GB

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

初出2001年5月Copyrightしらべる 今日の更新