しらべる政治 経済 行政

おうみ

最終更新 2000/6/5
滋賀県草津市「草津コミュニティセンター」が主宰する地域限定通貨

■おうみ(近江)は、1おうみを百円単位とし、1,5,10の3種類の紙幣がある。パソコンで電子決済もできる。

■使いたい人は「自分ができること」「自分がしたいこと」を登録する。たとえば、「お年寄りの話し相手になります」「チラシを作って下さい」など。取引が成立すると、おうみが対価として使われる。

■「円」との違いは
・地域限定であること。
・「借り」から入ることも可能
・価格は「買う方が」決める。

「地域」に貸しを作ることも、借りを作ることもできる。いずれの立場でも、これを使う人は「社会的信用」を大切にする姿勢をもっていることが条件となる。
「近江」地方の近江(おうみ)から命名された。



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる  この記事はしらべる滋賀県初のコンテンツです。