しらべる政治 経済 行政>小沢一郎

小沢一郎

最終更新 2012/11/3
人による評価の隔たりが大変大きい政治家

【 略歴 】

1942年
5月24日、岩手県生まれ
1967年
慶応大学経済学部卒
1969年
12月、衆議院議員初当選
1985年
自治大臣 国家公安委員長
1989年
自民党幹事長
1993年
6月、新生党を設立
著書「日本改造計画」発表
1998年
1月、自由党設立
1999年
1月、自民党〜当時小渕首相〜と自由党の自自連立政権が成立。
2000年
4月1日、連立を解消。翌2日、小渕恵三首相が脳梗塞で倒れ、5月に亡くなった。
2001年
1月、小沢一郎政治塾を開設。
2003年
9月、民主党に合流
12月、民主党代表代行
2006年
4月、民主党代表就任
2007年
11月、自民党との連立を企図。不成立の責任をとって辞意表明したが、数日で撤回。
2009年
5月、3月に西松建設献金問題で秘書が逮捕され、総選挙に影響があるという理由で党首を辞任。
9月、政権交代後、民主党幹事長に就任。
2010年
1月、カンブリア宮殿に2度目の出演。村上龍は「最後の政治家」と評した。
1月、政治資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反の嫌疑で、東京地検特捜部の任意事情聴取に応じた。その後、検察は不起訴処分とした。
4月27日、検察審査会が起訴相当の議決
6月2日、幹事長辞任が公になった。
9月14日、民主党首選挙で菅直人に敗れた。国会議員得票は管206対小沢200だった。
2012年
4月26日「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反の嫌疑で、東京地方裁判所が無罪判決。
7月11日、民主党を離党して、新しい政党「国民の生活が第一」を設立した。

"国連決議があれば戦闘行為もOK" という立法を企図したり、対談で政策を投げかけた養老孟司に「選挙があるうちはだめですな」と切り返したり、ものごとがわかってはいる政治家。
ただし、現時点の日本では、上に立つ政治家は「生活本意」などと、心にもないことを言わねばならない。
だが、あと数年もすれば、小沢のような政治家が本音で語ることができる社会の土壌ができるだろう。
〜2007年11月記〜



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる  この記事はしらべる岩手県初のコンテンツです。