ポルトガルの歴史


ポルトガルの歴史

1140年
建国
1249年
レコンキスタ(キリスト教国によるイベリア半島の再征服活動)完了 スペインとの国境線がほぼ現在のものになる
1255年
首都をリスボンに遷都
1498年
ヴァスコ・ダ・ガマがインド航路を発見。14〜15世紀のこの時代を大航海時代と呼ぶ。
1500年
ポルトガル人のカブラルがブラジルを発見
1543年
ポルトガル人が種子島に漂着。この年が日本とポルトガル友好の起算年となっている。
1580年
スペインポルトガルを併合。
1640年
スペインから独立。
1822年
ブラジルの独立を承認。
1939年〜
第二次世界大戦では独伊に好意的な姿勢を見せつつも、中立の立場を取った。
1940年
建国800周年、独立300周年の年に万国博覧会「ポルトガル世界博」開催
1949年
NATOに加盟
1986年
ECに加盟 1993年EUに組織改編し、EU初代参加国となる
1998年
ヴァスコ・ダ・ガマのインド航路発見500周年の年、首都リスボンで万国博覧会「海の万博」開催
6月28日「中絶法」について、ポルトガル初の国民投票を実施。51:49で中絶反対となった。
9月、夏季五輪女子マラソンでロザ・モタが「金」
10月20日、ミランダ語を第二の公用語とする法案成立
1999年
12月20日、マカオを中華人民共和国に返還 その後もマカオでは中国語、ポルトガル語が公用語として認められている→ポルトガル語を使う国
2002年
通貨エスクードからユーロに移行
2004年
ユーロ2004開催 準優勝
2016年
ユーロ2016ユーロ初優勝
ユーロ2016 ポルトガル優勝の軌跡
ポルトガルと日本| ポルトガル代表の歴史
参考文献「ポルトガルの世界」市ノ瀬敦 社会評論社 2000年12月

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyrightしらべる 今日の更新 初出2005年3月 最終更新 2016/7/17