しらべる佐世保講座

四ケ町


【 よんかちょう 】
佐世保の求心力である商店街

概要
「サンプラザ(旧称:三ケ町)」から「四ケ町」につづく直線アーケードの長さ 1.2km は日本一。
直線商店街日本一は東京戸越銀座の1.6km。
地元が発信する公式情報を元にしたガイドブックでは「さるくシティ4○3」なる名称になっているが、地元ではそんな名前は使っていない。あくまで四ケ町である。

四ケ町の歴史

1966年
アーケード完成
この頃、白十字パーラーが「ぽると」を売り始める。
1997年
大塔ジャスコ(現在はイオン)オープン。これ以降、佐世保市南部に郊外型店舗が整備されて、四ケ町の客足が落ち始めた。
四ヶ町、佐世保玉屋、三ヶ町商店街に「さるくシティ4○3」という愛称がついたが、地元民はほとんど知らない。○は玉屋のこと。
1998年
「YOSAKOIさせぼ祭り」が始まる。島瀬公園がメイン会場の1つとなる。
2005年
ワイワイ貿易が島瀬公園ヨコの雑居ビルに移転した。
2006年
育文堂が 蜂の家 の隣りに移転。くまざわ書店が開店。
2012年5月
長崎県初出店「餃子の王将」ができた。
2013年1月
60周年セール開催
2013年2月
佐世保港商業施設(五番街)開発計画の敷地が申請時より1.4倍に拡大されたことにより、四ケ町がシャッター通りになることを懸念するチラシが撒かれた。
2013年11月29日
佐世保港商業施設「五番街」オープン 四ケ町がさびれる恐れがある。
道の真ん中に休憩用のテーブルと椅子がある。そこで休んでいる人がけっこういて、よその町から来た人は珍しがる。

ど素人!マラソン講座では、四ケ町を駆け抜ける佐世保ハウステンボスマラソンを提唱している。



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

ありがとう Copyright しらべる 初出2013年4月