しらべるレジャー 観光

アンダルシアという名称の由来

最終更新 2006/5/14
アンダルシアという名称の由来についての様々な説

【 説1 】
Al-Andalus (アル アンダルス)と呼ばれていた当時のアンダルシアは多くの下級階層のゲルマン人達が到着して居ついた。土地の無い彼等が居ついた土地と言う意味。
アル アンダルスはゲルマン語“Landolose”(土地なし)から派生した言葉。

【 説2 】
Betica(古代のアンダルシアの名称)を支配した西ゴード人達が現在のアンダルシアの土地をくじ引きで分け合った。
アンダルシアはゲルマン語Landohlauts{Lando(土地)hlauts(くじ)}から派生した言葉。

【 説3 】
アンダルシアはバンダル族(西ゴード人によりイベリア半島を追い出されアフリカに渡った)の国と言う意味。

【 説4 】
アンダルシアはアラビア文学やポエムの中で使われていた“パラダイス”と言う意味。

【 説5 】
アンダルシアは広大な耕地の意味。
現在のバスク語の元であるビヤスカ語“Landa-luziakから派生した言葉。landaは平らな土地、luziakは広範囲の意味。

上記のように諸説があるが、公に認知された定義はない。
アンダルシア地方の小学校では「アフリカ大陸から渡って来たイスラム教徒達がアンダルシアに着いた時、まるでパラダイスのようであったことから、Al-Andalus (アラビア語でパラダイス)と呼ばれ始めた」と教えているところが多い。

関連記事
アンダルシア
アンダルシアといえば!
スペイン
スペイン代表
スペインのサッカー



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべるCopyright bola All Rights Reserved. 初出2006年5月