しらべるレジャー 観光

長崎オランダ村


長崎県西彼町役場の農林指導員だった神近義邦〜後にハウステンボスを設立〜が、風光明媚な大村湾に沿ってオランダの風車や帆船、街並みを再現したテーマパーク
西海市による再建計画が進んでいる。→旧長崎オランダ村施設再生事業

【 オランダ村の歴史 】

1983年7月22日
オープン。全国のテーマパーク「○○村」のはしりとなった。
国の名前を冠した村は今?
1992年3月
ハウステンボスがオープン。その後も営業を続けていた。
2001年
10月21日、閉園
2003年以降
旧長崎オランダ村施設再生事業
国の名前を冠した村は今?

オープン当初から休日には周辺道路が大渋滞を起こしたため、駐車場候補地として視察に訪れた針尾工業団地跡地にできたのが、現在のハウステンボス。ハウステンボスとオランダ村は大村湾でつながっており、ハウステンボスからは定期連絡船が出ていた。

村上龍の小説「長崎オランダ村」はオランダ村でおこったできごとに基づいたドラマ。文末には建設中のハウステンボスが描かれ、ハウステンボスのオープン日に出版された。

かつて門司〜長崎・佐世保間を走っていたJR特急「オランダ村」号は、ハウステンボスが開業した1992年、黄色にリペイントされて JR久大線特急「ゆふDX号」として使われている。

*「長崎オランダ村」村上龍 講談社文庫 新書初版1992年3月25日

ハウステンボス
ど素人!長崎県講座
ディズニーランドの歴史
スペイン村

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 最終更新 2016/4/9