しらべるレジャー 観光

東京ドーム


縮尺基準によく使われる日本初のドーム球場。愛称BIG EGG
東京ドーム何個分?
NPB巨人のホームグラウンド

概要
最寄り駅:JR「水道橋」 東京メトロ「後楽園」
収容人員:55,000人(野球の場合)
グラウンドの広さ:両翼100m ホームベース→センターフェンス122m
建築面積 46,755 平方メートル。
東京ドーム何個分?
グラウンド面積約 13,000 平方メートル。

特徴
外気より0.3%気圧を高くして天井を支えるエアドーム。
閉鎖された空間のため臨場感に乏しく、野球中継を見ている時のように客観的になってしまう。

【 東京ドームの歴史 】

1985年
着工。後楽園球場で野球興業を続けながら、隣接地に建設が始まった。
1987年
シーズン終了後、後楽園球場解体。
後楽園球場敷地と重なっていた部分が最後に作られた。
1988年
3月、竣工 オープン
巨人と日本ハムの本拠地として使用開始。
2002年
感触が天然芝に近い人工芝「フィールドターフ」に張り替え。
2003年
3月、FIFAの推奨グラウンドに認定されサッカーの試合ができるようになった。
2004年
日本ハムが札幌ドームに移転し巨人だけの本拠地となる。
2005年
前シーズン終盤の再編騒動が転じたファンサービス向上の一環としてエキサイトシートが増設されて、座席販売が始まった。
2007年
毛足の長い人工芝に敷き替えての1年め
2014年
人工芝を張り替えて1年め。
アンラッキーフェンス

関連記事
東京ドーム何個分?東京ドームに車で行く東京ドームに早く着いたら東京ドームのオーロラシート
神宮球場横浜スタジアム甲子園球場



神宮球場
横浜スタジアム


毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる