しらべるくらし 文化

ハロウィン


【 Halloween 】 キリスト教の祝日「万聖節」の前夜祭。10月31日

由来
All Hallows even(万聖節の前夜)が縮まって Halloween と呼ばれるようになった。
元々はキリスト教とは関係なく、ケルト民族が1年の終わりの日(10月31日)に悪霊に取り憑かれないよう魔女などの扮装をしたのが始まり。
参考文献:「カントリードールNo.24」学研 2004年10月

パーティ
10月31日の夜、かぼちゃのお化け(ジャック・オー・ランタン)や魔女などの仮想をした子どもたちが、近所の家を回って「 Trick or Treat ! (お菓子をくれないと、いたずらするよ)」と言うと、家の人は「 Treat. 」と答えお菓子を渡すのがお約束。

そのお菓子を持ち寄って開くのがハロウィンパーティ。日本の子供達は、近所の家を回っても誰もお菓子をくれないので、自分の親からもらったお菓子を持ち寄ってパーティだけを開く。
小学校では「総合的な学習の時間」でハロウィンに仮装大会をやる学校がある。準備が楽な「魔女」の仮装が最も多い。ジャック・オー・ランタンが縮まって児童には「ジャコランタン」と呼ばれている。本当にジャコランタンという名前だと思っている人も少なくない。
TDLでは10月の1ヶ月間、ハロウィンのパレードが行われる。飴を持ったスタッフに「トリック・オア・トリート」と言うと、もらえる。
〜2002年10月記〜

こどもはお菓子をもらうのが大好き。人生の長さから見れば、こどもがお菓子を喜ぶのはわずかな時期。10月31日にはお菓子を買って帰り、こどもと「お菓子パーティ」をするとよい。
「何か言うことあるんじゃないの?」と耳に手を当て、こどもが「Trick or treat?」の決め台詞を言ったら「Treat!」とお菓子を渡す。
〜2008年10月記〜

【 時系列の記録 】

2008年
この年、スーパーマーケット、100円ショップ店頭でもハロウィングッズが販売され始めた。LAWSONでは電池で点灯するプラスチック製ジャックオーランタン(525円)が販売されていた。
2012年
9月に入るとダイソーがハロウィンコーナーを作った。
キーワード「ジャコランタン」Googleでのヒット数
2002年10月  500
2007年10月 24,100
2008年10月 18,200 2008年Googleの情報収集論理に変更があり、ヒットページ数が少なくなった。
2012年10月 50,500
2017年10月 137,000



しらべるのブログしらべるが行く!毎日連載中!

Copyright しらべる 初出2000年10月