欠陥住宅対策法


正式名「住宅品質確保促進法」2000年4月施行。

新築住宅で、屋根・壁・床など基本構造に欠陥が見つかった場合、契約後、10年以内ならば、いつでも業者が無料で修理しなければならないという法律。

これでますます新築マンションは「買い」である。

Copyrightしらべる 今日の更新