葬式講座

喪中ハガキの文面

最終更新 2009/11/25
親等までの親族が亡くなった場合の欠礼はがきの文面


構成
・挨拶
・欠礼の理由 いつ誰が亡くなったか。死因を書いてもよい。
・故人へのご厚誼の感謝
・本年 自身へのご厚誼の感謝
・翌年 ご交誼の御願い
・相手への儀礼のことば
・日付
これらを簡潔にまとめる。
挨拶
喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます

欠礼の理由
本年●月●日に父 ●●が、●●歳で永眠いたしました

故人へのご厚誼の感謝
生前には何かとお世話になりまして、ありがとうございました
故人と面識がない人に出す文面では、この一行はなくてよい。

本年 自身へのご厚誼の感謝
本年も大変お世話になり、ありがとうございました

翌年 ご交誼の御願い
明年も変わらぬご交誼をお願い申し上げます

相手への儀礼のことば
寒さに向かう折から、皆様にはくれぐれもご自愛くださいますよう、お祈り申し上げます


【文例】

喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます

本年●月●日に父 ●●が、●●歳で永眠いたしました
生前には何かとお世話になりまして、ありがとうございました

寒さに向かう折から、皆様にはくれぐれもご自愛くださいますよう、お祈り申し上げます


【レイアウト】

*フォントは正楷書体

その他のポイント
句読点は打たない。
花の挿絵を入れてもよい。モノクロか灰・青系統で描かれた絵を使う。


 関連記事

喪中と年賀状

葬式講座

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2009年11月