葬式講座>喪中と年賀状

喪中と年賀状


「喪中につき年末年始のご挨拶は差し控えます」と欠礼ハガキが届いても、こちらから出すことはかまわない

「新年のご挨拶を申し上げます」といった見出しをつける
お年玉つき年賀はがきの「年賀」のところに棒線を引く。そして、年末ぎりぎりに投函する。*早く投函すると、年内に配達されてしまう。

「喪中なのに、年賀状をよこして!」と怒るような人はまずいない。もしいたら、今後のつき合いを見直しすとよい。

自分が喪中の正月は 喪中と知らずに届いた年賀状をたいせつに読むもの。お年玉付き年賀ハガキの抽選を楽しみにしている人にとっては特に嬉しい。特に親友からの「近々会いましょう」といった一言は大変嬉しい。

自分が喪中で年賀状を受け取った場合も、「寒中お見舞い」として普通のはがきで返事を出せばよい。喪中であることの知らせも、よほど人間見られるのが心配でない限り出さなくてもよい。年賀状がわりにe−mailで「喪中だからメールにしました」とやるのもよい。

喪中ハガキの文面
年末とお正月

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2000年12月