しらべる情報セキュリティ用語集

フィッシング


phishing 銀行やクレジット会社を装い、個人の金融情報を聞き出す手法

元々は「fishing」(魚釣り)になぞらえていたが、手口が巧妙化(sophisticated)したことで、phishing と表記されるようになった。

【 例 】
クレジット会社らしきメールアドレスで個人に対して
「懸賞に当たったので本人確認の情報が必要である」
といった旨のメールを送る。
 ↓
メールまたは詐欺用のウェブサイトで金融情報(クレジットカード番号、ID、パスワード)を記入させ、情報を騙し取る。

関連記事
ヴィッシングEV SSLフィッシング対策協議会



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現  Copyright しらべる 初出2004年6月 最終更新 2004/6/23