しらべるど素人!政治経済講座

消費税

最終更新 2014/5/19
事業者に売上の8%を国に納めさせる税金。
消費者に支払うことが義務づけられている税金ではない

1989年
4月1日、3%で導入
1997年
4月1日、5%に引き上げ
2001年
2月20日、宮沢財務大臣は消費税を10%以上に引き上げる必要があると発言。
2004年
4月1日、総額表示方式導入。
2014年
4月1日、8%に引き上げ
日本は直接税(所得税、地方税など)の比率が高いこと、老齢化が進み社会保障費用の負担が重くなることから、2007年には消費税が10%になる可能性が高い。〜2004年3月記〜

小泉純一郎政権が消費税引き上げを「議論のみ」としたため、引き上げは先送りされたまま。国と地方がつくった借金をどう処理するのか、与野党共に政権争いに奔走するばかりで、本筋をみようとしない。〜2007年9月記〜

仮に15%となれば、3,000万円の家を買うと消費税だけで今より300万円高くなる。ローンで払うとこれに利息が付くので500万円以上の差になる。

各国の消費税率 (以下2007年記す)
スペインIVA)16 イタリア20 フランス19.6 ドイツ19 オランダ19 イギリス17.5 中華民国17 大韓民国10 オーストラリア10 カナダ7 米国は州によりまちまちの小売売上税を設定ニューヨークは8.375%





毎日1話ブログ「しらべるが行く」

ありがとう Copyright しらべる