しらべるくらし年金用語一覧

修正積立方式

最終更新 2012/1/13
賦課方式の変則版。
賦課方式との違いは、徴収した保険料の一部を将来の給付原資として積み立てること。
日本公的年金が採用している方式。

「修正積立方式」という呼称は、あたかも積立方式であるかのような錯誤を国民に与える。
現役世代が支払う保険料では年金原資が賄えず、国が2分の1を負担している現状下では、事実上の賦課方式である。

1954年に厚生年金を積立方式から賦課方式に変更する際、この名称が使われて、実態が見えにくくなった。



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2012年1月