ボランティア


【volunteer】自ら進んで他に奉仕すること

こうあるべきという狭義に陥らず、人のため、世の中のため、地球のため、何か役に立つという気持ちを持つことが大切。
ボランティアは、それぞれの人の心に、違うかたちであるもの。
他人のボランティア活動内容や考え方には立ち入らない。



ボランティアの3原則
自発性、公共性、無償性
*報酬を受け取る「有償ボランティア」もある。

1996年より1月17日が阪神淡路大震災にちなみ「防災とボランティアの日」となった。「1995年はボランティア元年」と報道、書籍で言われている。
1985年より12月5日は「国際ボランティアデー」
2009年実施の小学校学習指導要領で「道徳」「総合的な学習の時間」にボランティアが盛り込まれた。
学習指導要領の歴史

ボランティアの語源
1,volcano(火山)〜内から突き上げてくる自発的な行為の意味より
 2,ラテン語のボランタール〜意味は正義・勇気
*語源についての参考文献
1,「ボランティアな生活」日経事業出版社 1999年5月
2,「熟年だからボランティア!!」学研 2002年12月

ボランティアの関連記事
東京五輪ボランティアスポーツボランティア



スポーツボランティア・リーダー
毎日1話ブログ「しらべるが行く」

初出2003年1月Copyrightしらべる 今日の更新 最終更新 2015/1/3