しらべるくらし 文化>7桁郵便番号

7桁郵便番号

最終更新 2008/3/5
1998年2月から実施されている郵便番号制度。
1998年2月2日より、それまでの5桁から7桁になった。
7桁郵便番号のデータは、ゆうびんホームページでダウンロードできる

7桁郵便番号を書くと市区郡名までは省略できる。町名は省略できないと郵政省は言っている。
【 例 】
以下のように省略できる
〒202-0001 ひばりが丘1−234
実際には、7桁の中には町名情報まで含まれているので、町名まで省略しても郵便物は届くはず。

7桁化は郵便のコスト削減が目的とされているが、通販郵便物を確保するための郵政省の戦略と見ることもできる。
コンピューターが自動応答するコールセンター(IVR)ではその効果がよくわかる。お客は郵便番号、番地をプッシュホンで入れるだけで、音声認識を要するのは氏名だけである。
〜2003年9月記〜

***-0000 のように下4桁が0の郵便番号の中には、実在しないものがゆうびんホームページで紹介されているケースがある。
上記に該当がない場合 ***-0000 を記入
のように、ゆうびんホームページに書かれている番号は実在しない。配達員だけがわかる便宜的なもの。
実在しない郵便番号は、郵便番号辞書データに掲載されていない。
郵便番号辞書データを業者から購入して、自社のコンピューター・システムに利用している場合、実在していない番号はエラーとなる。
ユーザーの中には、エラーになった後、ゆうびんホームページで調べて掲載されていることを確認。それを盾にとって、コンピューター・システムが不備であると指摘する人がいる。


郵便番号をしらべる
郵便番号検索ソフトの作り方





Copyright しらべる