マラソン講座

エイド

最終更新 2008/2/20 ど素人!マラソン講座
マラソンの給水・給食所

一般的なレースでは5kmから5km毎に設置されている。
飲み物は水、スポーツドリンク
食べ物はバナナ、あんパンが多い。
バナナはカットしたもの。あんパンも4分の1程度に切って置いてある。
大会により趣向を凝らした食べ物があり、名物と言われている。
【例】
板橋Cityマラソン35kmのシャーベット
東京マラソンの人形焼き

現場ではエイドではなく「給水所」と表記されている。
ゴミ箱が置いてある。
市民マラソンではスペシャルドリンクは受け付けていない。

【エイドの利用方法】

給水を終えたコップはエイドの端に設置されたゴミ箱に捨てる。
路上に捨てていくランナーが大変多い。

バナナの皮もゴミ箱へ。
路上に捨ててあると、藤子不二夫の漫画を連想して、いかにも滑って転びそうな気がする。

食べ物は1個ずつ。
2006年荒川市民マラソンの金芽米、東京マラソン2007の人形焼きのように、充分な数がないうえ、先行するランナーが複数個食べてしまい、ど素人ランナーに行き渡らないということが起きた。

エイドが近づくと「給水所まであと200m」のような表示が出ている。
ジェルを持参して摂る場合、この看板が見えたらジェルを飲み、エイドの水で流し込む。ジェルの袋はエイドのゴミ箱に捨てる。

【エイドの関連記事】

私設エイド






世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2008年2月