しらべるマラソン講座

レース当日の朝食


高タンパク、高脂肪かつ消化のよいものを基本として、好きなものを食べる

基本として、押さえておくこと
高タンパク
高脂肪
消化がよい
炭水化物は 250kcal <ごはん1膳>まで
ごはん、うどんなど

おかず例
納豆
チーズ
玉子
×パン
×カステラなどの甘いもの


上記の条件をまとめると、以下の献立になる。
おかず
納豆
チーズ
玉子
ハンバーグ(【例】セブンイレブン金のハンバーグ)

炭水化物(250kcal以内)
ごはん1膳、おにぎり1個


この献立にくわえて、自分が食べたいものを1品添える。
「消化に悪いものはよくない」と本に書いてあるが、少量であれば悪影響はない。


2010年長野マラソン当日朝の献立

旅マラソンの朝食
前日に「納豆」「好きなおかず」「ごはん」を買い冷蔵庫に入れておく。
ごはんは、宿に電子レンジがある場合「サトウのごはん」。電子レンジがない場合は、おにぎり または白ご飯を買っておく。
暖かい汁物として、インスタントみそ汁のカップを買っておく。
前夜はヨーグルトを食べておくとよい。

「食事は号砲の3時間前に済ませておく」と本に書いてあるが、現実問題として3時間前に朝食を済ませていないとスタート時間に間に合わない。
・着替え 支度 30分
・移動 60分
・号砲 90分前の会場入り
これらを計算すると、食事は3時間前にとり終えるタイミングになる。

朝食だけでは十分ではないので、ひきつづき、レース直前からレース中も栄養を摂る。
レースでのスポーツジェルの摂り方
実際にレースに持参したサプリメント






Copyright しらべる 初出2010年4月 最終更新 2015/3/2