しらべるマラソン講座

カーボローディング


マラソン前に、筋肉のエネルギー源であるグリコーゲンを体に詰め込む食事法。
グリコーゲン・ローディングと同意語

レース1週間前に一旦、体内の炭水化物を枯渇させた後、レース直前に炭水化物を重点的に摂ることで、通常時よりも多い炭水化物を体内に保持する。
マラソン1週間前にすること

【 マラソン前に実践した内容 】

レースweek
一週間前の日曜
LSDでグリコーゲン(炭水化物)を消費する。

月曜〜水曜
高たんぱく、高脂肪食品を摂る  肉、魚、納豆
炭水化物、糖質を摂らない
*軽い練習

木曜〜土曜
炭水化物、糖質中心に摂る  パスタ、うどん、ごはん、甘いもの
タンパク、脂肪を抑える
*練習なし
炭水化物は体内に蓄積される時、水を一緒に保有するので、体重は増える(体脂肪率は下がる)
最後の1日、体重が1kg増え、体脂肪率は2%ほど下がった。

日曜 レース当日朝
高たんぱく、高脂肪食品を摂る  納豆、お湯で温めるハンバーグ
炭水化物はごはん軽く一杯程度
起きてからレースが始まるまで糖質は避ける。バナナも不可。(レースが始まったら、積極的に糖質も摂る)
詳しくは→レース当日の朝食

マラソンと食事マラソン1週間前にすることマラソン3日前にすること


Copyright しらべる 初出2006年3月 最終更新 2015/2/9