しらべるマラソン講座

速く走る方法


マラソンを速く走る方法

同じエネルギーを使うならば、より効率がよい走り方をすればよい。
そのための方法 3点。

【 1 】肩を脱力して、リズムよく腕を振る
×肘を引く 〜余分に引くのは無駄な動き。緊張を増すし、バランスを崩す。
×肩胛骨を動かす 〜イメージしづらい。

正しいこぶしの握りを修得して、左右均等な腕振りを体得するにはe3グリップが有効。

【 2 】腹で息をする
丹田呼吸法

【 3 】前足で着地する
前足で着地してすぐ蹴る動作。そのイメージで、実際には土踏まずやや後ろで着地するフラット走法になる。

【 4 】股関節を動かす
骨盤を前傾させたうえ、回転させる。
モンローウォークのように走る。

「走る」以外のメニューでは、股関節周囲の筋肉だけを鍛える *
【 例 】ランジ、もも上げ
*腕やふくらはぎなど、関係ない筋肉は重くなるので鍛えない。

股関節を動かす動きは、肩を前後に振ることで起動する。
股関節だけ動かそうと思っても動かない。
肩を前後に振ることで、股関節が連動する。 肩をいくら振っても、股関節を鍛えていないと、股関節がすぐ疲労して失速する。

マラソンの走り方
ランニングフォーム






Copyright しらべる 初出2010年1月 最終更新 2010/9/20