しらべるマラソン講座

グリコーゲン


glycogen 糖質が蓄えられるときの分子の状態

グリコーゲンは肝臓と筋肉に蓄えられる。
脳と糖分

をフル稼働させると、筋肉に蓄えている糖質を取り崩して使う。
マラソン直近は"頭を使う仕事"は減らした方がよい。
頭を使うと腹が減る理由

糖質はマラソンの主なエネルギー源。グリコーゲンは体内に蓄えられる量に限りがあるので、カーボローディングをする。

レース中、糖質を効率よくエネルギーに換えるには、ビタミンB、クエン酸を摂るとよい。

糖質を温存するサプリメントとしてVespa Hyperがある。





毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2012年2月 最終更新 2012/2/26