マラソン講座

マラソンのヘアバンド

最終更新 2010/5/1
マラソンでヘアバンドを使うことについて。マラソンで3度、使用した体験談

利点
汗をぬぐう手間が省ける。
汗が目に入らない。
ただし、猛暑のレースでは多少、汗が落ちてくる。
吸汗機能があるキャップ XTC145は、汗がおちてこなかった。

難点
長時間、外を走るので、陽がさしていなくても、くっきりと日焼けの跡がわかる。
前髪を垂らしていない限り、女性がつけるのは、現実的ではない。
雨のレースでは、あまり役に立たない。帽子をかぶったほうがよい。
写真に映った時の、見栄えに難がある。
ゴール間際や、プロカメラマンが構えている写真ポイントでは、外してウェストポーチのベルトやRUNパンに挟むとよい。
マラソンでいい写真を撮ってもらう方法

ヘアバンドの選び方
幅5cm以内のもの
ファッション性のある髪留めではなく、スポーツ用の汗止めを使う。
テニス用品として、売られているものでもよい。
アシックスはランニング用品として、ヘアバンドを売っている。
アシックスは、東京マラソングリーンプロジェクト協賛商品として、グリーンのリストバンドをEXPO2009会場で限定販売するが、グリーンのヘアバンドは作っていない。

ヘアバンド専門業者
香川県のオーキッド リストバンド・ファクトリーはヘアバンド、リストバンドの専門店。
東京マラソングリーンプロジェクトの靴紐と色が合う「フレッシュグリーン」のヘアバンドがあり、ウェブサイトで購入できる。
1個650円 送料、銀行振込手数料を合わせると、およそ1200円。メール便で送ってくる。休日でも届く。

【マラソンのヘアバンドの関連記事】

マラソン本番の服装





しらべるのブログしらべるが行く!毎日連載中!

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2009年2月