しらべるマラソン講座

金哲彦


市民ランナー育成をライフワークとするランニング指導者。
早稲田大学−リクルート−ニッポンランナーズ

1964年
2月1日、福岡県生まれ
高校時代は文武いずれにも秀でていたため「スーパーマン」と呼ばれていた。
1983年
1月、早稲田大学1年生で箱根駅伝5区<山登り>に出場。
1984年
1月、箱根駅伝5区<山登り>に出場。往路・総合優勝
早稲田大学3年生の時、中村清監督からの大韓民国代表として五輪マラソンに出場する打診を断る。
1986年
リクルート入社 これを機に木下哲彦改め「金哲彦」を名乗る。陸上部を創設。
1987年
別代マラソンで初マラソン 2時間12分35秒
1992年
9月、現役引退、リクルート女子陸上部コーチ就任 当時監督は小出義男
1995年
リクルート監督就任 翌年高橋尚子が入社
2001年
リクルート陸上部が休部
2002年
4月、NPO「ニッポンランナーズ」設立
2010年
2月、自伝「走る意味」出版
11月「マラソンレース必勝法42」マラソン書籍としては他にない特徴として、走りながらトイレをする方法を紹介している。
マラソン書籍 書評






Copyright しらべる 初出2010年4月 最終更新 2010/11/23