しらべるマラソン講座

三村仁司


高橋尚子野口みずきを金メダルに導いた靴の匠


2015年3月撮影 タクミ戦三村プレミアムタクミ戦ブースト

三村仁司の略歴

1948年
兵庫県生まれ
1967年
オニツカ(その後アシックス)入社
1992年
バルセロナ五輪、有森裕子が銀メダル。棄権を考えるほど踵を痛めていたが、三村の特製シューズで走ることができた。
靴が脱げて「こけちゃいました」の谷口浩美は、レース後「脱げる靴を作っちゃいけませんよ」と言った。
2000年
三村仁司が作った靴で高橋尚子が金メダル。
三村は高橋に内緒で、両足の高さが8mm違う靴を作り本番で履かせていた。
2004年
三村仁司が作った靴で野口みずきが金メダル。野口はゴール後、感謝の意をこめて靴にキスをして見せた。
2009年
アシックスを定年退職。岐阜市にミムラボを設立。
2010年
アディダスとアドバイザー契約を結び、靴の開発に取り組む。
2012年1月
初めての市販モデルアディゼロ タクミ 戦アディゼロ タクミ 練発売。
12月、adizero TAKUMI Specialサービスが始まる。
2013年
4月、MIMURA PREMIUMが始まる。
2016年8月
「adizero takumi」の特別仕様モデル「adizero takumi sen celebration」を100足限定受注生産
しらべるでは敬称を省略しています。
しらべるについて






Copyright しらべる 初出2012年5月 最終更新 2017/3/27