しらべるマラソン講座

ウェストポーチをつけて走る

最終更新 2014/2/28
マラソンでウェストポーチをつけて走る

2014年3月現在、マラソン・レースにベストのポーチ
アシックスウエストポーチ EBM407

概要
スタート直後、ポーチにサプリメントがたくさん入っている時は上下動が気になるが、サプリメントが減ってくると気にならなくなる。
実際にレースに持参したサプリメント

ポーチの付け方
腰のにつける。
後ろにつけると走る度にお尻の筋肉に当たって邪魔。
2006年荒川市民マラソンで観察してみたところ、90%の人が後ろに付けていた。
湘南国際マラソン2007でも後ろに付けている人が多かった。走るたびにお尻でポーチが跳ねて、走りにくそうに見えた。

前日にレース用衣服を着た上から付けて、ベルトの緩みを調節する。

ウェストポーチはアシックス製品がよい。
ゴムサポートが付いているため、長さをゆるめに調節しておいても、上下にばたつかない。ゴムサポートがない製品はかなり締め付けなければならない。
アシックスウエストポーチ EBM407

マラソン本番で毎回ポーチに入れているもの
・手で切れるテーピングテープ(伸縮)
マラソンのテーピング
携帯音楽プレーヤー
EBT110は買って試したが、ポーチに荷物をまとめた方が合理的なので、本番では使わなかった。
音楽を聴きながら走る
・サプリメント
東京マラソン2009 サプリメント
・500円玉(練習の時いつも入れていたから)
スプリットブレスレットに入れているペース表の予備。
・書類クリップ(大) 終盤、アームウォーマーをベルトに留めるため。

マラソンを走りながら書いたブログ一覧


Copyright しらべる 初出2006年4月