しらべるマラソン講座>明日レースを走る人へ

明日レースを走る人へ

最終更新 2010/6/1
マラソン・ランナーとしてレースに参加するメモ

これは格好悪い!

コースで唾を吐く。
ゴミを路上に捨てる。
給水したコップを、路上に捨てる。
立ち小便をする。
携帯で話しながら走る。
給食を2個以上食べる。
レース中にコンビニに寄り、レジで「マラソンを走っているんだから、先にしてくれ」と言う。
関門で止められて、大会運営者にくってかかる。
レース前後、電車の中で仲間同士、大声で喋る。

走り方のマナー違反

前の人にぴたりと着いて走る。
仮想ペースメーカーとは、5m以上離れる。
コースの真ん中で立ち止まる。減速する。
靴のひもを結び直す、ストレッチをする時は、ゆっくりとコースの端に寄ってから、立ち止まる。
実際の走行中メモ
ゴールラインで立ち止まる。

ルールの確認

ナンバーカードの数字が隠れるウェアはルール違反。
雨具を羽織る場合、透明のものならば、許容範囲。
コースを外れた時は、その地点からゴールに近づかない位置から、コースに復帰する。
ゴールに近寄った位置からコースに復帰すると、失格。
陸連登録者は、私設エイドを利用したら失格。一般ランナーには、そのルールは厳格には適用されない。

常識の再チェック

走りながら写真を撮るならば、コースの端に寄り、後ろを走るランナーが迫っていないかを確認する。
ウェストポーチは、前につけて走る。
ウェストポーチをつけて走る

写真撮影

プロカメラマンが販売用の写真を撮影している。撮影ポイントでは、周囲に人がいないスペースに走り込み、ピンでファインダーに収まる構図を狙う。
目線はしっかり前方を見据える。購入して記念に残した時、アスリートらしい形相は、苦しかったレースを思い出し、やり遂げた自分を再確認できる。

【 明日レースを走る人への関連記事 】

マラソン前日にすること






Copyright しらべる 初出2009年3月