しらべるマラソン講座マラソンの走り方

マラソン 下り坂の走り方

最終更新 2010/2/10
マラソンで、足を痛めず、酷使せず、下りを乗り切る方法

ピッチ
とことん、回転を速くする。

ストライド
平地よりも小さい歩幅。

動き
つま先でたったっと、地面に置いていく。
スピードを出しすぎないようにと、ブレーキをかけない。ブレーキをかけると、ふくらはぎに負担がかかり、足が終わってしまう。

姿勢
反っくり返らない。下っている地面に対して垂直。
感覚的には前のめりになる。

視線
顎を下げず(=下を向かず)、目線だけを下げて、路面を確認する。

脳内
駅の階段を、駆け足で下りるイメージを描く。
膝がぐんにゃりと、柔らかくなったイメージを描く。

・下り坂は前方の地面が下がっている。
平地と同じように膝を上げると、上下動が大きくなり、着地時に足に負担がかかる。
すり足よりも、さらに低く足を出すことが求められる。
アウトソールが地面を、ざざっと擦るくらいでいい。
そこで「駅の階段を、駆け足で下りるイメージ」が役に立つ。
日頃から、駅の階段でイメージをつくっておくとよい。


・下り坂があるレースでは、背筋と腹筋運動が役に立つ。
・「下りは歩幅 2倍の意識」と書いてある指南書があるが、そんなことをしたら膝を傷める。

関連記事
上り坂の走り方
高低差走
ランニングフォーム





しらべるのブログしらべるが行く!毎日連載中!

Copyright しらべる 初出2009年3月