しらべるマラソン講座

瀬古利彦

最終更新 2009/2/18
勝負強さと美しいピッチ走法でマラソンファンを拡大した選手。三重県立四日市工業高校−早稲田大学−SB食品

1956年
7月15日、三重県生まれ
1977年
2月、京都マラソンで初マラソン。引退後このレースを振り返り「こんなにきついのか。途中で100回くらいやめようと思った」と語っている。
12月、福岡国際マラソン5位入賞(日本人最高位)
1978年
12月、福岡国際マラソンでマラソン初優勝 競技場に入り手をぐるぐる回すガッツポーズがかっこよかった。以降同大会3連覇
1980年
金メダル確実と思われたピーク時に迎えたモスクワ五輪、ソ連がアフガニスタンに侵攻したため日本は不参加。
1983年
福岡国際マラソン4度めの優勝 イカンガーに次いで平和台競技場に入った瀬古は残り150mで苦しい表情を見せ、さすがに今日はここまでかと思わせた直後、ラスト100mで脱兎のようにイカンガーを抜き去り優勝。観客の度肝を抜いた。場内放送の係りも動揺し「ただいまの記録は世界記録です」と誤報を流すほどだった。
1984年
ロサンゼルス五輪で五輪初出場 14位
1986年
シカゴマラソン優勝 自身のベストタイム2時間8分27秒
1988年
ソウル五輪9位
現役引退、SB食品陸上部監督就任
2006年
初めての著書「マラソンの真髄」出版 男子マラソンの低迷を打破するため、アスリート向けに手の内を公開している。

2007年東京マラソンの前日、サイン会でペンを走らせる瀬古さんを見た。テレビで見ると太って見えるが、間近に見ると今も顔は細かった。

宗兄弟
マラソン名言集

マラソンを走りながら書いたブログ一覧





しらべるのブログしらべるが行く!毎日連載中!

初出2006年1月Copyright しらべる