しらべるマラソン講座>リディア・シモン

リディア・シモン

最終更新 2011/11/6
マラソンランナー ルーマニア人

【 リディア・シモンの略歴 】

1973年
7月3日、生まれ
リディア17歳の時
レストランで働いていたリビュー(夫でありコーチ)が合宿中、店を訪れたリディアに一目惚れ。
2000年
1月、大阪国際女子マラソン優勝
9月24日、シドニー五輪出場
テグラ・ロルーペ(ケニア)、高橋尚子と共に女子マラソン優勝候補と言われる。エチオピアのアレムをマークしてスタート。
35キロ過ぎの高橋が投げたサングラスで集中を乱してしまい一旦大きく遅れる。
40キロ〜ゴールまでのラップは高橋より20秒速く8秒差まで追い込んだ。これについて高橋は「シモンとの距離が空いたので(力を)抜いたらトラックで真後ろにいたので慌てた」とコメント。
シモンはレース後「今日は生理だった」とメディアに語った。
2001年
8月12日、世界選手権女子マラソン優勝(五輪・世界選手権では初優勝)。レース後「来年は子供を作りアテネ五輪には帰ってくる」とコメント。
科学的なウェイトトレーニングで作った合理的な筋肉、美貌はTVに映える。さっそく五輪1ヶ月後の10月6日にはTBS系バラエティ番組で見事な走りを見せていた。
2004年
8月22日、アテネ五輪女子マラソン出場。一度もトップグループに加わることなく途中棄権。
2005年
4月17日、長野マラソン 2時間31分20秒 2位
2007年
9月2日、世界陸上マラソン大阪大会出場 2時間31分26秒 5位
2008年
1月26日、大阪女子国際マラソン出場
2011年10月30日
第1回大阪マラソン 2時間32分48秒 女子1位
参考文献 
「駆け引き 高橋尚子とリディア・シモン」黒井克行 新潮社 2001年9月刊






マラソン女子ランナー記事
市橋有里| 渋井陽子| 高橋尚子| 谷川真理| 野口みずき| 野尻あずさ| 福士加代子|

Copyright しらべる