マラソン講座

宗兄弟 宗茂 宗猛


選手、指導者として日本マラソンを世界のトップレベルに押し上げた双子の兄弟

【宗兄弟の略歴】

1953年(昭和28年)
1月9日、大分県臼杵市で生まれる。


1971年
旭化成入社
1973年
延岡西日本マラソン(宮崎県)で初マラソン 宗茂優勝、宗猛2位
1979年
宗茂 福岡国際マラソン2位 宗猛3位(優勝は瀬古利彦
モスクワ五輪代表に選ばれたがボイコットのため出場できなかった。
1984年
ロスアンジェルス五輪 宗猛4位 宗茂17位
1992年
バルセロナ五輪で旭化成の森下広一が2位、靴が脱げた谷口浩美が8位。
森下は五輪後に故障し、これが最後のマラソンとなった。
1989年
宗茂 別府大分毎日マラソン5位を最後に引退
1996年
宗猛 別府大分毎日マラソン8位を最後に引退
2005年
宗茂が旭化成の監督退任、宗猛が監督就任。宗茂は気功を学び始める。
2008年
宗茂「マラソンの心」学研 出版
瀬古利彦が著書「マラソンの神髄」で手の内を明かしたのにつづき、兄弟で築いたマラソン練習ノウハウを披露。
2014年4年4月1日
西 政幸が旭化成監督就任。宗猛は総監督に就任した。
2015年4月1日
村山兄弟が揃って入社する。
箱根駅伝用語瀬古利彦ど素人!マラソン講座




マラソンを走りながら書いたブログ一覧

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2008年5月 最終更新 2015/1/4