しらべるマラソン講座

マラソン走行中メモ

最終更新 2009/3/20
マラソンレース走行中のメモ

ペースを確認する
1kmごとのペースを時計で確認する。1km毎に距離表示が出ている大会は少ない。月刊誌「クリール」の大会一覧に距離表示の有無が載っている。
ナンバーカード番号が申告タイム順に並んでいる大会(例:板橋Cityマラソン)では、序盤に番号が近い人がどういう走りをしているかを観察する。
給水
スポーツドリンクを摂る。
汗をかくと水分と共に塩分が放出される。
イオンを含まぬ水分だけでは四肢、腹部筋肉に熱痙攣がおきる可能性あり。
イオンを含んだ水を摂るほうが体内に水分を維持できる。
横腹が痛くなったら
腹痛の理由
足が痛くなったら
患部周辺を指圧(患部を直接指圧しない)
持参した手で切れるテーピングテープ(伸縮)でテーピング
足を冷やす
給水所で紙コップの水かスポンジを取り、大腿部や痛みがある所に水をかけ筋肉の温度を下げる。足の付け根が痛む時はパンツの上からかける。
疲労が溜まってきたら
目を強くつぶって瞼を緊張させ、目を開けると同時にすべてを解放するように力を抜き「気持ちいい」と感じる
(固くなっていたふくらはぎが柔らかくなる)
30km〜
エネルギーが切れたと思ったら、糖分補給 〜キャラメル1個程度
体の防衛機制が解除され、残っていたエネルギーの利用許可が下りる。
レース直後
30分以内にアイシング、十分な給水。ストレッチは危険なのでしない。
ストレッチは危険!マッスルユニットトレーニング





しらべるのブログしらべるが行く!毎日連載中!

Copyright しらべる  初出2006年2月 原稿依頼はこちらのアドレスへ→