しらべるマラソン講座

スプリットブレスレット

最終更新 2009/3/15
マラソンの時に腕に巻く、スプリットタイムの目安を書いた紙を収めた腕輪

走行中は思考力が低下するので、前もって目標ラップタイムを書いた紙をつくり、ブレスレット状にして腕に巻いて走る。

ブレスレットはYAHOO!とGoogleで検索した限り、市販されていない。

ナイキがランニングイベントで、参加者に無償配布している。これはとても使いやすい。
東京マラソン2008東京マラソン2009のEXPOでは、ペースカリキュレーターという名前に変わった。


ペース表は、エクセルで作りプリントする。

【 例 】 5kmまでは1km刻み、そこからは5km刻み


1km  :  :
2km  :  :
3km  :  :
4km  :  :
5km  :  :
10km  :  :
15km  :  :
20km  :  :
25km  :  :
30km  :  :
35km  :  :
40km  :  :







初出2006年1月Copyright しらべる