しらべるマラソン講座>マラソンと食事

マラソンと食事

最終更新 2010/4/10
マラソン・ランナーが日頃から心がける、食と栄養による体作り

食べ物を噛む回数を増やす。
30回噛む

体がダメージを受けにくくするために、抗酸化物質を摂る。
【 例 】
アスタキサンチン

栄養伝達をスムーズにするために、血液をさらさらの状態にしておく。
レシチン

甘いものはカルシウムを壊す。レースが近づいたら甘いものを控えるとよい。
カルシウムは競技中、筋肉が栄養を受け取る働きを助けている。

レース当日の朝食
カーボローディング






Copyright しらべる 初出2010年4月