しらべるマラソン講座

アディゼロ タクミ セン ブースト


箱根駅伝を快走する青山学院大学チームが履いているモデル。匠戦に初めてBOOSTフォームを搭載した靴



概要
アディゼロ匠は三村仁司が手がけるランニングシューズのブランド名。
ミッドソールのフォアフット(着地蹴り出し部分)緩衝材にBOOSTフォームを使用。
価格:17,820円(本体16,500円)
重量:175g(27.0cm)

トピックス
2015年箱根駅伝で優勝した「青山学院大学着用モデル」と銘打たれている。
アディダス公式サイトで三村仁司は「進化したadizero takumiがマラソン大国日本復活の秘密兵器になると確信しています」と記している。

【 時系列の記録 】

2015年1月2日〜3日
箱根駅伝で優勝した青山学院大学の選手の多くがタクミセンブーストを履いていた。
2015年1月26日
「タクミセン3」としてタクミセンブースト発売
2016年1月2日〜3日
箱根駅伝で青山学院大学の選手の多くが新型タクミセンブーストを履いていた。
2016年1月15日
アッパーに広大なメッシュ(Mim-lite MESH X)を採用した「タクミセン4」タクミセンブースト発売
アディダス専門の販売店員から、EVAでできた三村プレミアムは400〜500kmを目安に履き替えるよう勧められた。三村仁司は「EVAはへたってくるけど、ブーストはへたらない」と述べている。

BOOST@homeアディゼロ タクミ 戦アディゼロ タクミ 練adizero TAKUMI Special三村仁司



毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2015年2月 最終更新 2016/1/3