しらべるマラソン講座>腹で息をする 丹田呼吸法

腹で息をする 丹田呼吸法

最終更新 2012/3/1
腹で息をする方法

▼ 5秒で吸う
 ↓
▼10秒で吐く
 ↓
▼吐き終えた時、丹田(へそ下5cmあたり)に、30%ほど息が残っていると考える。
 ↓
▼繰り返す。


マラソン走行中の丹田呼吸法
マラソン走行中は、5秒−10秒パターンは難しいので、2回吸って 3回吐くパターンにする。

「スー」「スー」「ハー」「ハー」「ハー」「あと30%まだ丹田に残っているぞ(と考える *1)」
この6つの繰返し。

*1 この時、無意識で息をうすく吐き続けている。
 ↓
ずっと、丹田呼吸を意識して走るわけではない。
上り坂を終えた時、息が上がった時、苦しいと感じた時に、丹田呼吸を意識する。
丹田に手を当てて「ここだよ」と自分に言い聞かせると、イメージがしやすい。
お腹を押さえていると、応援の人が心配そうに見つめるが、それは勘弁してもらう。

腹式呼吸の練習器具にスーハーダイエットがある。



速く走る方法
マラソンの走り方
ランニングフォーム

Copyright しらべる 初出2009年2月