しらべるマラソン講座>谷川真理

谷川真理


エリートランナーをリタイア後、市民ランナーに走るライフスタイルを提案しているランナー
骨盤を前後に動かす指導が、素人にはとてもわかりやすい。
経歴は体育会系エリートではなく、市民ランナーからトップアスリートに転身した。
名前を冠した地雷撤廃キャンペーンとしてのハーフマラソンを開催している

【 谷川真理の略歴 】

1962年
10月27日、福岡県生まれ
1988年
11月、伊豆大島30kmレース優勝
耳にピアス風のシールを貼って出場。地元紙に「ピアスをしたおしゃれなランナー」と紹介された谷川は、すぐピアスの穴を開けた。
*参考文献「市民マラソンの輝き」大島幸夫 岩波書店 2006年10月初刷
1991年
青梅マラソン<女子30km>優勝 1時間46分49秒
東京国際女子マラソンでマラソン初優勝
1994年
パリマラソン優勝 自己ベスト2時間27分55秒
1998年
初めての著書「谷川真理のランニング・フィットネス」学研 発売
2000年
片足のランナー 英国人クリス・ムーンの伴走をした経験がきっかけとなり、谷川真理ハーフマラソンが始まった。
1月16日、第一回開催
以降、毎年1月に開催。
2007年
2月、第一回東京マラソン 一般ランナーとして参加して女子2位に入った。この大会はアシックスがメインスポンサー。ナイキと契約している谷川はテレビに映ることもなく、2位に入ったことはテレビを見ていてもわからなかった。
2008年
2月、第二回東京マラソン10kmの部女子2位
8月18日「東京マラソンの走り方」コスミック出版
コース、トレーニングのポイント、東京マラソンについて最低限のことがまとめてある。
2009年
1月11日、第10回谷川真理ハーフマラソン開催
3月22日、東京マラソン2009にゲストランナーとして出場。
2010年
1月10日、第11回谷川真理ハーフマラソン開催。
女性ランナーのランニング・ファッションの情報発信に力を入れている。
2009年頃から、ずっとランスカにこだわっているが、その割には2010年現在、まだ自分は履いていない。

マラソン女子ランナー記事
市橋有里| 渋井陽子| 高橋尚子| 野口みずき| 野尻あずさ| 福士加代子| リディア・シモン





しらべるのブログしらべるが行く!毎日連載中!

Copyright しらべる 初出2008年12月