しらべるマラソン講座

宇佐美彰朗

最終更新 2013/10/5
【 うさみ あきお 】 スポーツボランティア育成に力を入れている 元オリンピックマラソン選手

【 宇佐美彰朗の経歴 】

1943年
5月31日、新潟県生まれ
スポーツ歴は中学はバスケット、高校は軟式テニス。陸上を始めたのは大学からと遅い。走り方を目学問で吸収したので、他人のフォームを見て目標と現状のギャップを見極める力がついた。
1964年
マラソン 中日マラソン11位
1968年
メキシコ五輪マラソン9位
1970年
12月、福岡国際マラソン(当時の大会名称は国際マラソン選手権)優勝 この時の2時間10分37秒がベストタイム。
1972年
ミュンヘン五輪マラソン12位
1976年
7月、モントリオール五輪マラソン32位
8月「走れ!走れ!」日本経済新聞社 現代のマラソン指南書の原型がここにある。
「マラソンひとりぼっち」講談社
1980年
8月「ぼくとマラソン」岩波書店
1981年
5月「ザ・ジョギング」情報センター出版局
1988年
8月「マラソンランナー」朝日新聞社
1994年
9月「きみも走れる42.195km」自由国民社 児童向けのランニング指導書
1996年
11月「女子マラソン」筑摩書房
2001年
ウォーキングに力を入れ始める。
2002年
11月「からだに効くウォーキング」山海堂
2003年
NSVA設立
2004年
笹川スポーツ財団がこの年に始めたスポーツボランティア・リーダー育成事業に協力する。
2008年
NSVAウォーキング指導者養成教室を始める。
2009年
NSVA主催 宇佐美彰朗のランニング・クリニックを始める。
2011年
クリール2011年5月号で 「宇佐美彰朗のフォーム改造塾」の連載が終了した。6月号から同連載は「谷口浩美のランニングフォームセミナー」として引き継がれた。
NSVAのウェブサイト




Copyright しらべる 初出2010年12月