10BASE−T

10BASE-T


【てんべーすてぃー】LANの規格の1つ。
10Mbpsの通信速度で「より対線」を利用という意味

「より対線」=ツイストペアケーブル=Unsheelded Twist Pair

10BASE−T端子はモジュラージャックの横幅が広がったような形をしている。
通信速度が1GBの場合「1000BASE-T」、100Mbpsの場合「100BASE−T」という規格名になるが、ジャック(プラグ)の形状は同じ。

10BASE-T+ハブを使った簡易なLANイーサネット。簡単にできるので、この方式を使ったLANが多い。

関連記事
LANイントラネット

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2001年5月 最終更新 2012/9/15