しらべるインターネット

ブロードバンド

最終更新 2006/5/2
インターネット回線が「広帯域」になり、大量の情報が扱えるようになること。

ブロードバンドとは 一度にたくさんの情報量が扱える ということであり、その結果、通信速度が上がる。
単純にスピードが速くなることを意味する言葉ではないが、日本ではブロードバンドは「高速回線」をイメージする言葉として広まっている。

現実には、ADSLFTTH、CATVによるインターネット接続をこう呼ぶ。ISDNはブロードバンドとは言わない。

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる