しらべるインターネット>IEの歴史

IEの歴史

最終更新 2014/11/13
マイクロソフトのブラウザー、Internet Explorer バージョンアップの歴史

1995年8月
1.0発表
1999年
3月18日、5.0日本語版無償配布開始。
2001年
8月29日、6.0 リリース。6.0は Windows95では使えない。
9月、Nimdaの攻撃対象になった。
IE5.0では、右上のeマークを好きなキャラクターに換えることができる。
IE5.**以降はXMLパーサーやXSLTプロセッサを搭載しておりXMLで作られたWebページを表示できる。またオフィス2000のソフトで作ったWebページを忠実に表示できる。これがNetscapeにはできないため、ますますInternet Explorerのシェアが高まりつつある。
2002年
12月、ブラウザーとしての世界シェアが 95%となる(オランダの OneStat.com 調査)。Netscape 3%、Mozilla 1%。
2006年
5月9日、IE7.0ベータ2日本語版リリース。Windows2000では使えない。Windows2000のパソコンにインストールしようとすると「このパッケージでお使いのオペレーティングシステムはサポートされていません」と表示される。
2008年
2月13日、マイクロソフトは、自動更新でIE7を配布すると告知していたが、配布は確認できなかった。
2008年2月13日 IE7 の自動更新による配布
2009年
3月20日、IE8配布開始。


毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2009年7月