しらべるインターネット>イントラネット

イントラネット

最終更新 2006/3/27
社内専用インターネット。
インターネットとの違いは、社外から一般の人は見られないこと

インターネットとイントラネットのつなぎ目にはファイア・ウォールという関所が設けられていて、IDとパスワードを持っている人しか入れない仕組みになっている。

ほとんどのイントラネットは中から外(つまりインターネット)へ出ていくことは自由にできる。
インターネットを自由に見れるかどうかについては、米国では8割の企業が何らかの規制をしているが、日本では規制をかける企業はほとんどない。
ただし、誰がどこのサイトを何時から何時まで見た・・・という記録を取ることは可能なので、言い訳のできないようなサイトには行かない方がよい。

個人家庭同様、イントラネットも会社がどこかのプロバイダーISP)と契約してインターネットの世界とつないでいる。

ネットワークそのものを指す言葉はLANであり、社内専用インターネットという括りで話す機会は少ない。2008年現在、一般ユーザーにとってはイントラネットは死語になっている。
〜2008年3月記〜

【 イントラネットの関連記事 】

NAS

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべるCopyright 1996 silabel