イリジウム

最終更新 2000/3/18
66個の通信衛星を使い、世界中どこに居ても通信を可能にする構想、モトローラ社が推進していたが事業を断念。66個の衛星は起動を外し、大気圏に突入させ廃棄される。

1台の携帯端末で、世界中のどんな山奥でも海の上でも、通話やインターネットができる構想。初期の構想が、通信衛星77個の予定だったので、元素記号=77、イリジウムの名をとった。

この仕組みを使った、メール受信端末が、「電波少年」で真中瞳とチューヤンが使っていた「イリジウムページャー」。

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新