しらべるインターネット

Outlook Expressの最適化でメールが消える

最終更新 2008/1/22 ど素人!パソコン講座
Outlook Expressで最適化をすると、メールが消えることがある

起動回数が100回を超えると、Outlook Expressを閉じようとした時に以下のメッセージが出る。

空きディスク領域を増やすために、Outlook Express はメッセージを最適化することができます。この操作には数分がかかることがあります。

Windows XP SP2以降では「次回からこのメッセージを表示しない」というチェックボックスがなくなっているので、[OK]しないと毎回、このメッセージが出るので、つい[OK]してしまう。
    ↓
この最適化に[OK]すると、メールが消えることがある。
消えたメールはゴミ箱に「受信トレイ.bak」のような名前で入っている。
これを消してしまうと、もう助からない。
最適化をした後は、念のために デスクトップにあるゴミ箱を開いて「受信トレイ.bak」「folders.bak」のような名前のファイルがないかをチェックするとよい。

ゴミ箱に入っていたファイルを復旧する方法は、ヤフーやグーグルで「受信トレイ.bak folders.bak」というキーワードで探すとよい。

「空きディスク領域を増やすために、Outlook Express はメッセージを最適化することができます。この操作には数分がかかることがあります。」というダイアログが出たので[OK]
「最適化しています...」というダイアログにある[キャンセル]を1度だけクリック。しばらくするとダイアログが消えて処理がキャンセルされる。
すると次に100回起動するまで、このメッセージは出ない。
元はと言えば、以前の Outlook Express ではよく受信トレイが消えたために追加されたのがこの、100回起動ごとに最適化を推奨する機能。
最適化はしておいたほうがよい。
〜2007年9月記〜


最適化をして寝る方法
最適化は時間がかかるので、寝る前、出かける前に[OK]を押して、頃合いをみて自動的にパソコンをシャットダウンする方法。
 ↓
タイマーでパソコンを落とす方法で、数時間後に「パソコンの停止」をセットする。

【 Outlook Express ヒント集 】
受信トレイが消えた日アイコンに日本語を表示するクリップマークを表示させる受信者に不快な思いをさせないメーラー設定パスワードをかける忘れずに添付ファイルを送るBCCを表示するOutlook Express メールが削除できないOutlook Express HTML形式メールを送受信しない設定outlook expressのメールを移動する(一致する項目なし)

毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる 初出2007年9月