ウィルコム WILLCOM

最終更新 2014/6/1
Wireless Ip Local Loop COMmunication
PHS、ワイヤレスインターネット接続を提供する会社の旧社名

WILLCOMの歴史

2004年
5月、京ぽん発売。
6月、エクィティファンド「カーライルグループ」と京セラがKDDIの子会社DDIポケットの買収を発表。
2005年
1月「逆転戦略ウィルコム」鈴木貴博 ダイヤモンド社〜出版。
PHSの歴史、ウィルコム事業大化けの可能性が詳しく書かれている。
2月2日、DDIポケットからウィルコムに社名変更。
11月、シャープがW−ZERO3発売。
AIR-EDGE
2006年
4月15日、エアエッジで続けていた「メガプラス」の無料お試し期間を終了。メールによる案内によると、ユーザー側でソフトをアンインストールしなければ有料請求される。無料お試し期間から狡猾に有料化するのは良心的ではない。
2007年
エアエッジは混雑がひどくほぼ全日「待機中」となる。以前は施設の増強が迅速に行われたが、ユーザー数に見合う改善はもう望めない。
2010年
3月、会社更生法申請。事実上の倒産。更正法適用決定後、全ユーザーに対して「各種サービスは従来と変わらずご利用いただけます」という内容の封書を送った。ソフトバンクが経営再建に手を上げた。
12月、だれとでも定額始める。
新ウィルコム定額プランSが誰でも加入できるようになった。
2011年
CMに佐々木希を起用した。
2014年6月1日
イーアクセスと合併。社名はイーアクセスとなった。
国際ローミングサービス提供地域は、台湾、タイのみ。
加入者はウェブサイトからメールフォームで問合せができて便利。

災害時の連絡手段としては、NTTの災害伝言ダイヤルを推奨しているだけ。独自の災害伝言板サービスはない。自宅に固定電話がない独り暮らしの人向けに災害伝言板サービスが必要だ。
〜2007年5月記〜

新ウィルコム定額プランS
フリスクフォン


Copyrightしらべる 今日の更新 初出2005年1月