しらべる>卓球>

福原愛


「愛ちゃん」の愛称で呼ばれるスポーツ選手の元祖

福原愛の略歴

1988年11月1日
宮城県仙台市生まれ
1992年8月13日
3歳9ヶ月で卓球を始める。この頃から「愛ちゃん」として親しまれる存在になった。
1994年8月
全日本選手権バンビの部最年少優勝 →卓球用語集
1996年
ミズノから靴のサポートを受け始める。
1998年
大阪に転居しミキハウスJ.S.C.入り。
2001年
11月、青森県に転居
12月、13歳 全日本選手権ジュニア女子個人 優勝(最年少記録)
2003年
1月、日本選手権女子ダブルス初優勝(最年少記録)。 5月、世界選手権(パリ)女子シングルスベスト8〜大会前世界91位。準々決勝で世界1位の張怡寧に敗れる。
8月24日、全国中学体育大会個人2連覇。
2004年
1月、日本選手権女子ダブルス2連覇
4月10日、アテネ五輪出場権獲得
4月19日、青森県の私立山田高校入学
8月18日、世界ランク27位で臨んだアテネ五輪ベスト16止まり。
2005年
 ショートカットに髪型を変える
1月14日、日本選手権(男女)混合ダブルス初優勝
1月15日、日本選手権女子ダブルス3連覇
1月30日「愛は天歳じゃない」福原千代(母親)の口述 生島淳著 三起商行(ミキハウス)出版。
2007年
4月、早稲田大学入学
2008年
ジャパンオープン2008で「サー」をやめる
五輪出場。「サー」が復活
2011年
全日本選手権女子シングルス 決勝で石川佳純に敗れる。
2012年
6月、ブラジルオープンでシンガポール代表リ・ジャーウェイを破り日本のチームランキング2位を確定させた。シンガポール代表は、すべて中華人民共和国からの他国籍取得選手。ランキング2位確保がロンドン五輪の団体銀メダルにむすびついた。
8月、ロンドン五輪2012出場。団体 「銀」(福原 石川佳純 平野早矢香) )卓球人生20年で大輪の花を咲かせた。
2014年2月
雑誌「Smile Sports vol.57」のインタビューで「2020年東京五輪に出たい。左右の腕の太さが違うのでノースリーブが着れないのが悩み」と語っている。
9月、アジア大会 初めて丁寧(ディン・ニン)を破る
2016年
8月、リオ五輪出場 27歳 団体 「銅」(福原 石川佳純 伊藤美誠
9月1日、台湾の卓球選手 江宏傑(ジャンホンジェ)と入籍
スキーモーグルの「愛ちゃん」こと上村愛子が有名になったのは1998年の長野五輪

「あいちゃん」は他にも
杉山愛
宮里藍




毎日1話ブログ「しらべるが行く」

Copyright しらべる  この記事はしらべる青森県初のコンテンツです。最終更新 2016/9/22