プロレスの歴史

ジャイアント馬場


元プロレスラー 本名:馬場正平 巨人大洋−プロレスラー 好物は大福と珈琲。
16文は38.4cm。馬場の足はそれほど大きくない。履いていた靴に16(inch、1inchは2.54cm)と表記されているのを見たスポーツ記者が「16文キック」と命名した。

【略歴と時系列の記録】

1938年
1月23日、新潟県三条市生まれ。
1955年
1月、16歳で巨人入団(投手)当時、NPB最年少入団だった。
1960年
4月、自ら力道山の練習場を訪れて日本プロレス入り。
1962年
米国で修行中に「16文キック」を開発。
1963年
帰国。しばらくは米国と日本両方で試合をしていた。
12月、力道山が死亡。以後、同時期入門の猪木、大木と共にエース格に成長した。
BI砲
1972年
7月、日本プロレスに辞表を提出。
10月、全日本プロレス旗揚げ興業。
1974年
12月2日、鹿児島県体育館 60分3本勝負 ジャック・ブリスコを破り(ジャンピング・ネックブリーカー・ドロップからの体固め)NWA世界ヘビー級王座に就く<日本人初>
全日本プロレスに定期的に来日したミル・マスカラスとはシングルでは一度も対戦しなかった。
1979年
8月26日、プロレスオールスター戦。猪木と組んでブッチャー、シン組と対戦。→プロレスの歴史
10月31日、愛知県体育館 60分1本勝負 ハリーレースを破り(ジャンピング・ネックブリーカー・ドロップからの体固め)NWA世界ヘビー級王座に就く
1983年
11月29日、天竜源一郎を相手に最後の32文ロケット砲を飛ぶ。この試合で初めて日本人レスラーからフォール負けを喫する
1984年
4月25日、試合で首を負傷。デビュー以来の連続試合が3764で止まる。
1985年
7月25日、スタン・ハンセンに敗れPWFヘビー級王座を失う。以後、シングルのタイトルマッチは行わずメインイベンターから退いた。
1994年
7月、著書「16文の熱闘人生」東京新聞出版局 出版。巨人在籍当時からプロレス晩年まで詳しく振り返っている。 61分3本勝負はなぜ61分なのか?についても語っている。
1997年
ニュース・ステーション「最後の晩餐」に出演
最後の晩餐」集英社 1999年〜に番組で放送されなかった部分も含めて掲載されている
1998年
ユージンガチャポン「全日本プロレス王道メインイベンターフィギュア」発売。シークレットでゴールドバージョンがある。
12月5日、最後の著書「俺の人生・プロレス・旅」発売
1999年
1月31日、現役レスラーのまま61歳で逝去。プロレス5,759試合に出場(5,759戦は自らの追悼試合)
2月23日、週刊ゴング増刊「さよなら王道16文」発売
5月15日「ジャイアント馬場永久保存版写真集」市瀬英俊編集 ベースボールマガジン社 出版。
ユージンガチャポン「全日本プロレスファンが選んだ人気レスラー+馬場さんビクトリーバージョン」発売。当初予定は全6種だったが、ミニチラシには感謝を込めて、緊急発売!と書かれている。
2001年
ガチャポンユージン「全日本プロレスリアルフィギュアコレクション3」発売。塗り行程が少なくのっぺりした印象になっている。
2001年度
小学5年生の道徳の副読本(学校図書)に「やさしく強き巨人」の題名で登場。
2005年
馬場元子監修の写真集「ジャイアント馬場 王道ミュージアム」発売
ジャイアント馬場のガチャポンは、合計4種発売されている。








毎日1話ブログ「しらべるが行く」

世界の平和実現 Copyrightしらべる 今日の更新 初出2004年1月